News

2017/10/31
【MEETING】第30回 千葉大会のお知らせ・一般演題募集を開始しました info >>
2017/10/04
チャレンジ症例検討会〜北の国から〜 開催・参加受付のご案内
日時:平成29年12月2日(土)14:00〜
会場:札幌厚生病院 新棟3階
参加費:会員3,000円 非会員4,000円
参加登録:先着50名 LinkIcon受付はこちらより
2016/12/10
【MEETING】第29回 福岡大会HPの更新(プログラム詳細)を行いました。info >>
2016/07/20
ホームページのリニューアルを行いました。

安全で質の高い画像診断情報の提供を目指して

 平成27年度より日本消化器画像診断情報研究会会長に選任されました村岡勝美です。精力的な活動で、多くの実績を重ねてこられました埋橋喜次先生の後任ということで正直荷が重いと感じています。至らない点も多いかと思いますが、前会長の功績を無にしないように任期を精一杯やりぬこうと思っています。
 当研究会では質の高い画像診断情報の提供を目指して、年1回の大会開催とセミナーの開催を行ってまいりました。今後も会誌も含めて会員の皆様の情報源となり、技術の向上のお手伝いが出来るような会を目指していく予定です。また、技術面ばかりでなく、患者様に安心で安全な検査を提供できるようにセミナーの開催なども計画していきたいと考えております。

  1. 質の高い画像診断情報の提供を目指して年1回の大会開催
  2. 医療安全に関するセミナーおよびスキルアップセミナーの開催
  3. 各地域の研究会との連携

の3点を目標に今後は活動していく予定です。
 研究会を躍進させることが出来るよう、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

日本消化器画像診断情報研究会
                   会長 村 岡 勝 美


第28回 静岡大会(終了しました)


第29回 福岡大会(次回大会)
期日:平成29年2月11-12日

研究会

日本消化器画像診断情報研究会
  日本消化器画像診断情報研究会は、昭和62年4月4日全国胃集検放射線技師連絡会名で発足し、平成5年4月全国消化管検診放射線連絡会、平成9年1月日本消化管撮影研究会、平成15年3月日本消化器画像診断情報研究会と改名し現在1450名余りを擁する研究会に至っております。
市川平三郎が胃集検通信〔視点〕の最後に「検診の重要性をもっと多くの人々が実感してもらえるように努力することが大切で、特に放射線技師が、本当の実力を養い、より広いまた永い視点での実績を上げるのが目下の急務であろう」と結んでおります。
地区住民検診、職域検診、ドック検診に始まり国のがん対策事業の推進に画像診断情報を提供するという大きな役割を果たしてきております。
本研究会は消化管に携わる診療放射線技師の全国組織として、研究発表会、情報交換、精度管理、技術の研鑽を図り、その成果を社会に広く還元し国民の医療保健衛生に貢献する事を目的とし全国でも大会開催に応じております。
本会の目的・趣旨をご理解頂きご賛同賜りご入会をお願いいたします。

【事 業】
1.年1回研究大会開催
2.年2回会誌発行
3.研究・調査
4.その他研究会の目的に沿う事業
【会 員】
正会員 日本消化器画像診断情報研究会を理解し、
その目的に賛同し、会費を納める者
【特 典】
1.本会のすべての事業年1回研究大会開催
2.年2回会誌発行
3.研究・調査
4.その他研究会の目的に沿う事業
【会 費】
年額 3,000円
【入会手続】
当HP入会フォームLinkIcon または
事務局宛に入会届を郵送にてお送り下さい。

スタッフ

会則・規約

お問い合わせ