究極を求めて

〜 今までとこれから 〜

第30回
日本消化器画像診断情報研究会
千葉大会

平成30年2月24日(土)
幕張国際研修センター
参加費 3,000円
 
名誉大会長:八巻 悟郎 こころとからだの元氣プラザ  
大会長:村岡 勝美 亀田総合病院附属幕張クリニック
実行委員長:重松 綾  こころとからだの元氣プラザ  
 

LinkIconポスターはこちら

2018.01.07
事前参加・CTCハンズオンセミナー参加登録開始しましたLinkIcon受付はこちらより
2017.10.31
第30回千葉大会のホームページを公開しました
2017.10.31
一般演題募集を開始しました LinkIcon受付はこちらより

第30回日本消化器画像診断情報研究会千葉大会に向けて

大会長 村岡勝美

 この度、第30回日本消化器画像診断情報研究会千葉大会の大会長を拝命致しました亀田総合病院附属幕張クリニックの村岡勝美です。大会は2018年2月24日(土曜日)に千葉県千葉市にあります幕張国際研修センターにて開催される運びとなりました。大会テーマを「究極をもとめて~今までとこれから~」と題しまして、各モダリティにおける消化器画像の検査法や読影・診断法に関して今まで先生方、先輩方が積み上げてきた技術や読影・診断法を顧みて、今後の画像検査法および読影・診断法がどのように変わっていくのか、私たちは今後の方向性を考えて、どのような事を学び技術に活用して行けば良いのかを参加者の皆様と考えることが出来るような大会を目指しております。
 1日開催となりますが、内容が充実するよう重松実行委員長を中心に実行委員の皆様と検討を重ねております。
 開催場所となります幕張国際研修センターは幕張メッセで知られておりますJR京葉線の海浜幕張駅が最寄り駅でございます。駅前に商業施設やオフィスビルが立ち並ぶ幕張新都心として千葉県でも新しい街です。海が近く、千葉ロッテマリーンズの本拠地でもあります。また、海の幸、山の幸も多く食にも魅力がある街であります。JR京葉線の舞浜駅などで途中下車せず、ぜひ皆様にご参集頂き大会を盛上げて頂けたら幸甚です。会員皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


プログラム概要

(講演名等が変更になることがあります。ご了承ください
大会プログラム印刷用LinkIcon

名誉大会長講演

「食道がん診断の今昔」

講師:八巻悟郎(こころとからだの元気プラザ)


技師講演

「救命可能な胃癌発見を目指して -新・胃X線撮影法が出来るまで-」

講師:富樫聖子(東京都予防医学協会)

医師講演

「胃X線検診の現状と今後の課題を考える」

講師:小田丈二(東京都がん検診センター)


シンポジウム

「上部消化管検査のいままでとこれから」

シンポジスト
中島寛隆(早期胃癌検診協会)
見本真一(神奈川県予防医学協会)
久保田憲宏(岩手県予防医学協会)


パネルディスカッション

「下部消化管検査のいままでとこれから」

パネリスト
「注腸」
安藤健一(東葛病院)
脇田慎一(いづろ今村病院)
「CTC」
山崎通尋(山下病院)
鈴木雅裕(イーメディカル東京)


教育講演・US

「知ってほしい、使える胆膵描出法」

講師:平賀真雄(霧島市立医師会医療センター)

特別講演1

「前壁撮影の標準化」

講師:谷野節男

特別講演2

「臨床に生かす画像処理技術 〜消化管検査編〜」

講師:永井優一(国立がん研究センター東病院)

ハンズオンセミナー

CTC ハンズオンセミナー(初・中級者向け)

(協力:アミン)


症例検討会

「 How to 所見の拾い上げ〜アンサーパッドを用いて〜

(協力:カイゲンファーマ)
司会:小田丈二・村岡勝美


一般演題

消化管・US・CTC関連





アクセス

幕張国際研修センター
〒261-0021
千葉県千葉市美浜区ひび野 1-1

JR京葉線 海浜幕張駅北口から徒歩8分
JR総武線 幕張駅から海岸方面(南)へ徒歩15分
京成線 京成幕張駅から海岸方面(南)へ徒歩15分